論文140字要約 「ボツリヌス製剤と免疫(抗体産生など)についての系統的解析」

・ボツリヌス製剤の抗体検査研究は多くの方法論が不十分

・抗体産生率は低い。

・抗体形成=ボツリヌス効果なし、ではない。

・ボツリヌスが効かない理由は、不適切な筋肉の選択、投与方法、疾患の進行、患者の期待値の変化が多くを占める。

シェアする