論文140字要約「顔面外科手術瘢痕の改善におけるボトックスの効果」

・ボトックスを縫合した直後の傷の周囲に注射すると半年後の傷の状態が良い。

・創部にかかる張力減弱、線維芽細胞への影響による。

【西田コメント】

当院では、眉下切開後やフェイスリフトその他の傷痕ケア(他院術後も可)にボトックスを行っています。

ケロイドに対してvbeamとのコンビネーションも施行しています。

 

シェアする