番外編)カルロス・ゴーン氏とMr.ビーンの見分け方

ゴーン氏が出国しました。

ゴーン氏とMr.ビーンが似ていると評判なので、比べてみました。

そっくりです!!!

そこで、その見分け方について解説することにしてみました。

眉間に常に縦シワが寄っている方がゴーン氏です。

やたら顎の梅干しジワがある方がゴーン氏です。

眉間にシワが寄っていて、顎にシワがあり、口角が下がっていたらゴーン氏確定です。

眉間の縦シワがなくて、口角が上がっていたら、Mr.ビーンで間違いありません。

笑い顔で目が小さくなる方がゴーン氏です。

笑ってるのに目を見開いていたらMr.ビーンです。

Mr.ビーンが悪い顔になってる時は目が小さくなっているので、ゴーン氏との見分けが困難です。

もう全く区別がつきません。

絵画に擬態するのがMr.ビーンで、楽器に擬態するのがゴーン氏です。

スパイ映画なのがMr.ビーンで、スパイ映画っぽいのがゴーン氏です。

見分けるのって、本当に難しいですね。

眉間の縦ジワと顎の梅干しシワにボトックスを打ったら、完全に見分けがつかなくなります。

今度、脱出劇の時には、筋肉を縮こめて狭い空間に入るより、ボトックスで筋肉を緩めることをお勧めします。

西田美穂でした。

 

 

 

 

 

 

シェアする