せっかくできたシワだからもったいない 〜目尻のシワ〜

こんばんは。西田です。

私はボトックスが好きですが、それ以上にシワが好きです。

シワはその方の人生そのものだからです。

「人生は顔に出る」と言いますが、それは医学的にも真実です。

表情ジワは、その方の重ねた表情が刻まれたシワで、その方の人生が刻まれると言っても過言ではありません。

表情研究の第一人者であるポール・エクマンの「表情分析入門」では、感情を表す顔の表情の動きについて、その特徴が細かく書かれていますが「幸福」の表情については、以下のように記されています。

「幸福は顔の下部と下瞼(まぶた)で示される。

ー唇の両端は後ろへ引かれ、多少上がっている。

ー口は開いていることも、そうでないこともある。歯は見えたり、見えなかったりする。

ー鼻から唇の両端を越えた外側まで走る皺が見られる。

ー頰は持ち上げられている。

ー下瞼の下に皺が見える。下瞼は持ち上げられているかも知れないが、緊張はしていない。

ー目尻からカラスのあしあとの皺が外へ広がっている。

これを読み返す度に思うのです。

幸福を刻んだシワを消すのは勿体無いんじゃないか?って。

写真>映画「“樹木希林”を生きる」公式サイトよりコチラ

というわけで、私は、「幸福」によって刻まれる「下まぶたのシワ」と「頰を持ち上げる時にできるシワ」と「カラスのあしあとのシワ」

は消さなくて良いんじゃない?だって、せっかくできたシワだからもったいない

写真>左:ボトックス施術前 右:ボトックス施術2週後

でも、ご希望があれば消せます。プロだもの。

とは言え、目尻のシワのボトックスご希望の方には 「それは素敵なシワだからそのままで良いんじゃないですか?」とつい言ってしまいます。本当にそう思うんだもの。

写真>表情分析入門 目次

眉間のシワを取りたいというご希望に対しては、一部の男性を除いて※、全力で賛成します。

眉間のシワは「恐怖」「嫌悪」「怒り」「悲しみ」の感情であらわれるシワだからです。

人生100年時代、美しいシワを刻んでまいりましょう。

西田美穂

※一部の男性を除いて:これはまた今度。

 

 

シェアする