ボトックスって何?

そもそも、ボトックスって何なんでしょう?

ボトックスはボツリヌス菌の生成する「ボツリヌス毒素」を分解・精製したものです。「毒素」というとちょっと怖いイメージがあると思いますが、精製した製剤にはボツリヌス菌の菌体やその成分、培養液の成分などは一切含まれていません。ボツリヌス菌は健康を害することはありますが、菌そのものを投与するわけではなく、体の中にボツリヌス菌を注射することもなければ、ボツリヌス菌が増えることもありません。

精製された製剤としての「ボトックス」は「薬」として末梢の神経筋接合部に作用して筋肉の動きを「緩やかに」する働きがあります。

ここがよく誤解されていますが、ボトックスは「シワを取る薬」ではなく、「筋肉の動きを抑えて、筋肉の動きが原因で刻まれるシワをできにくくする製剤」です

(他にもコリン作動性神経終末でのアセチルコリン放出抑制による発汗抑制作用がありますが、これはまた今度。)

ボトックスで「まぶたが重くなった」という患者さんの不満が出ることがありますが、これは まぶたを持ち上げようとする筋肉(眼瞼挙筋)か、眉毛をあげて目を開こうとする筋肉(前頭筋)にボトックスが強く作用したためです。「シワを取る」ために、シワの原因になっている筋肉の動きをボトックスで止めするぎると、かえって問題が生じることもあるため、そもそも「まぶたが重い(=眼瞼下垂症)」の人にボトックスを打つ時にはかなり慎重に行う必要があります。また、顔の筋肉は色々な筋肉が複雑に連動して動いているため、一つの筋肉の動きを止めてしまうとバランスが崩れて他の筋肉の動きが目立ってしまうことがあります。例えば、額の中央(前頭筋の内側)と眉山(皺眉筋)にボトックスが効き、額の外側の筋肉(前頭筋)の動きが残ると、眉毛がつり上がったように(スポック眉、メフィスト様顔貌)なることもあります。

スポック眉とは、スポック船長が名前の由来です。

写真転載元)https://memory-alpha.fandom.com/ja/wiki/スポック

ボトックスは一人ひとりの筋肉の状態を見ながら、丁寧に施術することが重要です。

また、ボトックスは「シワを取る薬」ではなく、「筋肉の動きを抑えて、筋肉の動きが原因で刻まれるシワをできにくくする製剤」です。大事なことなので2回書きました。本当に大事なことなので、これからもシツコク書いていきます。

ご予約はお電話で

Beauty Tuning Clinic

西田美穂

092-717-8640 (無いなハローシワ)

 

シェアする